ホーム » アーカイブ

消費者金融キャッシングと銀行カードローンのお金の借り方


 

急にお金が必要になった時は、銀行カードローンや、消費者金融キャッシングといった

 

賃金会社からお金をかりることが非常に簡単な世の中になってきました。

 

お金を借りたい時は銀行カードローンと消費者金融キャシングのどちらを利用したら良いものでしょうか?

どちらの賃金会社も利息を付けてお金を融資してくれる業務内容は同じになっています。

 

しかし銀行カードローンと消費者金融キャッシングでは、会社の成り立ちもサービス状態も大きな違いがあります。

 

消費者金融の特徴

消費者金融は元から消費者を対象として事業を行ってきました。

 

全国や地域を拠点として広く消費者を集めて、少額でも少しづつ融資して利息を得る方法を行っています。

 

2010年に改正された総量規制の法律の適用になるのが、消費者金融です。

 

銀行カードローンの特徴

一方、銀行系は企業や個人事業主などを主に対象としており、審査をしっかり行い大口の融資を行っていた背景があります。

 

大口の融資を行う訳ですので、土地や建物の担保が必要であったり保証人が必要になったりするケースがあります。

 

最近では個人向けのフリーローンにも積極的に乗り込んでいます。

 

銀行は銀行法が適用されていますので、総量規制は適用外になっています。

 

消費者金融と銀行カードローンの特徴まとめ

消費者金融は従来より個人向けの融資を得意としていたので、個人向けに特化した便利で様々なサービスがあります。

 

無利息ローンであったり、レディースローンであったりと、ユーザーの希望で各種サービスをりようすることができます。

 

一方、銀行の個人向けのカードローンサービスは、バックに銀行が居るので、金利が低いことと貸付限度額が大きいことが特徴です。

 

借入金額が高くなると返済期間も長くなり、利息も増えてしまいます。

 

100万円以上のお金を借りたいときなどは、銀行カードローンを検討する価値があります。

 

逆に100万円以下の融資の場合は、審査もスムーズに進んで速く便利なサービスがいろいろある消費者金融キャッシングを利用した方が便利です。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング




目的別おすすめ金融機関
サーチ
テーマ
プロミス(PROMISE)

<即日お金借りたいならプロミス>