ホーム » 銀行カードローンの利用方法 » 

即日に借入できるカードローン!在籍確認なしで審査する方法

クレジットカードやカードローンで避けて通れないのが審査です。

その中でも心配されやすいのが在籍確認です。

在籍確認は申込書に書かれた職場で働いているかチェックする審査で、これは収入の裏付けにもなります。

ただ、会社の人が電話を取り次ぐことで、借金をしようとしていることがばれないか心配という声もあるのです。

また、会社がやっていない日の申し込みでは職場電話確認ができないため、即日に借入できなくなることもあります。

そこで利用したいのが、在籍確認なしで即日に借入できるカードローンです。

職場連絡がなければ休みの日に申し込みをしても契約が完了します。

 

保険証や給料明細の提出で在籍確認なしに

具体的な方法としては、会社発行の保険証の提示や直近の給料明細の提出で在籍確認なしにしてもらうことができます。

ただし在籍確認をするかどうかは金融機関の判断で、中には在籍確認なしでは契約できない消費者金融も存在しています。

在籍確認を避ける場合は連絡がない会社を選ぶか、あらかじめコールセンターで相談するなどの対策をしておく必要があるでしょう。

また、自動契約機から申し込みをしている場合は在籍確認を行わないこともあります

なぜなら申込者はブースの中にいるわけですから、会社に電話をしたところで本人が出ることができないからです。

ただし在籍確認自体は本人が出なくても会社の人に聞けばわかることです。

即時融資を優先するために、契約作業を先に行い、在籍確認を後日行うような対応をする会社もあります。

 

http://www.termite-tw.com/が参考になりました。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

ローン会社のカードローンの申込方法について

急にお金が必要になった時でも対応が可能なために、カードローンを活用しているという人は大勢います。

すぐにでもお金がいるのに、手持ちの現金が不足しているという時には、カードローンを利用することで、お金を借りることが可能です。

 

カードローンを利用できる金融会社はいくつか存在していますので、どの金融会社に申し込みをすればいいか判断がつかない時もあります。

金融会社ごとに特性がありますので、あらかじめ確認をして、使いやすいところを選ぶようにしてください。

 

電話、FAX、自動契約機でのカードローン申し込みだけでなく、最近はインターネットも使えますし、もちろん店に行って申し込む人もいます。

テレビコマーシャルの効果や、手続きの簡単さ、審査の通りやすさなども相まって、カードローンは使いやすいものになっています。

 

af0100028091

 

カードローンの申し込み

 

カードローンの申し込みを行うと、すぐに審査がスタートします。

その日のうちに審査結果が出るカードローンも多くなっています

 

申し込み日のうちに融資を受けることができれば、すぐにでも現金を用立てなければいけないという人には非常に助かるサービスです。

申し込み書類には職業を書かなければいけない欄がありますが、最近は非正規雇用の人でも融資OKな金融会社が多くなってきています。

 

アルバイトやパート、派遣社員として働いている人でもカードローンは使うことができます。

本人証明ができなければ、どんなに審査が緩いカードローンでも融資を認められることはありませんので、準備を整えておいてください。

 

審査を受ける際、借りたい金額が非常に大きくなると、収入を証明するための書類などを出さなければいけなくなったりします。

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

低金利が魅力の銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの一番の特徴は、他の系列の金融会社より低金利でお金を借りられることです。

 

借入審査には時間がかかり、審査基準も厳しいと言われていますが、

それでも銀行カードローンの低金利は魅力的です。

 

お金を借りる時の最大の課題は利息です。

 

利息は低ければ低いにこしたことは無いので、低金利の銀行カードローンは魅力があります。

 

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの商品プログを大別すると、以下の2種類があります。

 

●用途を限定した目的型ローン

●用途自由のフリーローン

 

特定金融機関と呼ばれる都市銀行や地方銀行では、資金の使い道を明確にした

目的型ローンタイプのローンが中心です。

 

住宅ローン、教育ローンなど、借入金の用途に応じて借入条件も異なってきます。

 

家や車など、高価な物を購入するための資金を必要としているという方向けにも

住宅ローンマイカーローンと専用の目的型ローンが用意されています。

 

審査の結果が出るまで待つ余裕があり、借入金の使い道が既に決まっている時は、

銀行系カードローンが金利も低くて良いです。

 

銀行カードローンは、消費者金融系キャッシングで融資を受けるより、

良い金利条件でお金が借りられることができます。

 

銀行カードローンは審査を受けることができる人にも条件があり、

審査内容も勤続年数や年収などを細かくチェックされます。

 

銀行カードローンの審査では、必要な書類を揃えるだけでも大変で、

結果が出るまでの待ち時間が長く、審査中でも金融会社に行かなければならないこともあります。

 

銀行カードローンを低金利で借りるためには、費やす労力も大きなものになるわけです。

 

申し込みから融資まで手数がかかってしまいますが、銀行カードローンは

審査条件を満たせるような人であれば、金利も低くとても魅力的な商品です。

 

ただ最近では、銀行カードローンも変わってきました。

 

特に使徒自由なフリーローンの場合は、審査も速くなってきています。

 

ますます便利になる銀行カードローンも、お金を借りる時には検討した方が良いです。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

キャッシングやカードローンの種類と利用方法

急にお金が必要になったときに便利なのが、キャッシングやカードローンです。

 

キャッシングやカードローンにも種類があるのはご存知ですか?

現在では様々な種類がありますので、迷ってしまうと思います。

 

そこで、代表的なキャッシングやカードローンの種類について、まとめてみたいと思います。

 

フリーローンとは

定番のキャッシングやカードローンは、用途に制限がないフリーローンを意味します。

 

フリーローンは、借りたお金は、何に使ってもいいという条件で融資を行います。

 

用途に制限がある場合と比較すると高金利で、借入の限度額も低く

設定されていることが多いことが、フリーローンの特徴的なところです。

 

目的別ローンとは

一方で、ブライダルローンや教育ローン、住宅ローンのように、

何に使うか事前に決まっているものが目的別ローンです。

 

ローンで買う予定の商品を、確かに買ったという証明書を添付する必要がありますし、

支払いは金融会社から支払い先への振込です。

 

審査のハードルは、キャッシングやローンより厳しめに設定されています。

 

審査結果が出るまでに時間がかかりますが金利が低く設定されていることが多く、

融資限度額も資金用途によって変わってきます。

 

担保ローンとは

担保ローンは、融資を受ける時に担保が必要になるというものです。

 

審査のハードルは高くなり、申込みに必要な条件も厳しいものですが、まとまったお金が借りられます。

 

低金利で、完済までの期間を長く設定することでぎきるため、

生活わ圧迫させずに返済をすることができます。

 

おまとめローンとは

数社から融資を受けているとしいう人は、おまとめローンで借金を一つにまとめるのもいい方法です。

 

利用者が少しでも使いやすくなるように工夫がこらされています。

 

キャッシングやローンは、どんな使い方をするかで選ぶものが変わります。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

消費者金融キャッシングと銀行カードローンのお金の借り方

 

急にお金が必要になった時は、銀行カードローンや、消費者金融キャッシングといった

 

賃金会社からお金をかりることが非常に簡単な世の中になってきました。

 

お金を借りたい時は銀行カードローンと消費者金融キャシングのどちらを利用したら良いものでしょうか?

どちらの賃金会社も利息を付けてお金を融資してくれる業務内容は同じになっています。

 

しかし銀行カードローンと消費者金融キャッシングでは、会社の成り立ちもサービス状態も大きな違いがあります。

 

消費者金融の特徴

消費者金融は元から消費者を対象として事業を行ってきました。

 

全国や地域を拠点として広く消費者を集めて、少額でも少しづつ融資して利息を得る方法を行っています。

 

2010年に改正された総量規制の法律の適用になるのが、消費者金融です。

 

銀行カードローンの特徴

一方、銀行系は企業や個人事業主などを主に対象としており、審査をしっかり行い大口の融資を行っていた背景があります。

 

大口の融資を行う訳ですので、土地や建物の担保が必要であったり保証人が必要になったりするケースがあります。

 

最近では個人向けのフリーローンにも積極的に乗り込んでいます。

 

銀行は銀行法が適用されていますので、総量規制は適用外になっています。

 

消費者金融と銀行カードローンの特徴まとめ

消費者金融は従来より個人向けの融資を得意としていたので、個人向けに特化した便利で様々なサービスがあります。

 

無利息ローンであったり、レディースローンであったりと、ユーザーの希望で各種サービスをりようすることができます。

 

一方、銀行の個人向けのカードローンサービスは、バックに銀行が居るので、金利が低いことと貸付限度額が大きいことが特徴です。

 

借入金額が高くなると返済期間も長くなり、利息も増えてしまいます。

 

100万円以上のお金を借りたいときなどは、銀行カードローンを検討する価値があります。

 

逆に100万円以下の融資の場合は、審査もスムーズに進んで速く便利なサービスがいろいろある消費者金融キャッシングを利用した方が便利です。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

銀行系カードローンを利用する方法と注意点

 

カードローンでキャッシングを利用する時は、銀行系のカードローンの方が金利が低く、

利用限度額も高いので魅力があります。

でも銀行カードローンを利用するときに、どんなことに注意したら良いでしょうか?

銀行系カードローンの特徴は、消費者金融系のキャッシングより安心して使えるといいます。

 

近年では、WEB申し込みやネットキャッシングなど自宅にいながらキャッシングの手続きができるようになり、気軽にお金が借りられるようになりました。

 

とはいえ、いくら気軽にキャッシングが利用できる環境になったからと言っても、人からお金を借りる行為には変わりません。

 

借りたお金の金額と期間に基づいて利息が算出され、その利息をつけて借りたお金を返済しなければいけません。

 

キャッシングする時は利用条件の確認が重要

手数料をつけてキャッシングをしているる会社もあります。

 

近年では、ネットバンクのカードなど、最初からキャッシングカードとしても使えるカードも増えており、気軽にキャッシングが使える環境ができています。

 

手数料や金利は利用する金融会社よって異なっているので、キャッシングを使う時には事前に確認することは重要です。

 

キャッシングカードとしても使える銀行のカードにしておくと、口座の維持管理費が軽減されるというネット銀行もあります。

 

キャッシングを使う時には、最適な方法をよく調べましょう。

 

銀行系カードローンでキャッシングを利用する場合は、他の金融機関に比べて審査が厳しめになっていることを注意しましょう。

 

個人の信用力があればいいのですが、場合によっては審査が終わるまで待った挙げ句、融資を断られたりします。

 

銀行の扱っているお金は信託会社に信託保全されていますので、銀行が破綻した時でも保全会社がバックアップをするので、安全な特徴があります。

 

しかし銀行でカードローンを利用する時には、銀行の審査と信託保全会社の審査が必要になるため、

時間がかかるのは仕方が無いことです。

 

カードローンで融資を受けるために銀行系を選ぶ時には、審査時間にも注意が必要になります。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング




目的別おすすめ金融機関
サーチ
テーマ
プロミス(PROMISE)

<即日お金借りたいならプロミス>