ホーム » 消費者金融の利用方法 » キャッシングで過払いになる金利とは

キャッシングで過払いになる金利とは

今までキャッシングを使ったことがある人で、過払いをしている方がいます。

キャッシング融資を受けたことはあっても、過払い金とは何なのかわからないという人も少なくありません。

仮に、キャッシングの過払いをしているのであれば、請求手続きをとることで、過払い分を返してもらうことが可能です。

キャッシングの過払いとは、誰でもできるものではなく、一定の金利より高くキャッシングを利用したことがある人限定です。

何%以上の金利で融資を受けると、キャッシングの過払いが使えるのでしょうか。

お金借りる

 

過払いになる金利条件の内容

以前は、出資法という法律では20%以上の金利を設定できないとされていました。

この出資法上の上限を超えた金利を貸金業者が設定すると、違法であり、刑罰の対象となります。

出資法のほかに、キャッシングの法律では、もう一つの別な法律があります。

一方、利息制限法では融資額100万円以上は金利15%、融資額10万円以上は金利18%、

融資額10万円未満は金利20%と定められています。

 

利息制限法を越えた金利で融資を行うことは違法ですが、刑罰を受けることはありません。

この場合は、過払い分として返済を請求されれば支払う必要があります。

利息制限法より多く金利が設定されていた場合、払いすぎていたお金が過払い金となり、

キャッシング会社に対して返済を求めることができます。

利息制限法で定められた金利より低い金利条件で融資を受けることができるかが、

これ以後、キャッシングを使う時には把握しておきたいところです。

 

利息制限法や出資法を守っていないキャッシング会社は闇金の可能性もあり、

そんなところからお金を借りたら後々大変な思いをするかも知れないので注意しましょう。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

 

 

この記事に関連する記事一覧

【目的別】おすすめ金融機関ランキング




目的別おすすめ金融機関
サーチ
テーマ
プロミス(PROMISE)

<即日お金借りたいならプロミス>