ホーム » 消費者金融の利用方法 » 銀行グループ傘下のキャッシング会社と総量規制

銀行グループ傘下のキャッシング会社と総量規制


銀行グループ傘下のキャッシング会社と総量規制

賃金業社の中でも銀行系キャッシング会社とは、銀行が出資してつくった賃金会社があります。

有名なところでは下記の通りです。

 

プロミスは「SMBCコンシューマーファイナンス」

 

アコムは「三菱UFJファイナンシャルグループ」

 

銀行系キャッシング会社銀行カードローン会社があるのですが、

この2つの異なる点はなんでしょうか。

 

どちらも同じようなものに見えますが、金利や審査基準などはだいぶ違っています。

 

 

銀行系キャッシング会社と銀行カードローン会社の違い

金利が高く、利用限度額が少ない代わりに審査結果が出るのが早いのが銀行系キャッシング会社の特徴です。

 

逆に銀行カードローンは、低金利で大口の融資も可能ですが、審査のハードルが高く、審査にかかる時間も長いといわれています。

 

もうひとつの大きな特徴は、銀行系キャッシング会社は総量規制の対象になります。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象にならないという点です。

 

銀行系キャッシング会社と総量規制

総量規制とは、「年収の三分の一までしか融資が受けられない」という法律です。

 

総量規制のお陰で、キャッシングの上限金額は、借りる方の年収によっておおよそ決まります。

 

銀行カードローンは貸金業者としての登録がなくてもキャッシングの融資を行うことができます。

 

銀行は銀行法が適用されていますので、そもそも賃金ルールが銀行系キャッシング会社とは異なってきます。

 

総量規制が適用されるのは、個人への融資を行う消費者金融が対象になります。

 

年収の三分の一以上を借りたい時はどうすれば良い?

キャッシングを年収の三分の一以上借りたい場合は、銀行カードローンを利用しなければなりません。

 

大口の融資でなければ、銀行系キャッシング会社の方がサービスも多く便利です。

 

逆に銀行カードローンなら法律的には年収の1/3以上も借りられますが、

その分、審査は銀行系キャッシング会社より厳しくなるので借りるのは難しいのが現実です、

 

その前に年収の1/3以上も借りてしまっては、返済するのが大変です。

 

総量規制はサラ金などで借り過ぎてしまい、借金地獄に陥ってしまった方が増え過ぎてしまった為、

借り過ぎ、貸し過ぎを防止するために2010年に生まれた法律です。

 

お金を借りたからには返済しなければなりません。

 

ご利用は計画的にというCMがありましたが、確かにその通りであり、

お金を借りる時には、まず返済計画をしっかり立てることが何よりも重要です。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

 

 

この記事に関連する記事一覧

【目的別】おすすめ金融機関ランキング




目的別おすすめ金融機関
サーチ
テーマ
プロミス(PROMISE)

<即日お金借りたいならプロミス>