ホーム » 消費者金融の利用方法 » 大手消費者金融の審査の特徴

大手消費者金融の審査の特徴


銀行系キャッシング会社は銀行が出資して創設されたキャッシング会社ですが、

賃金業社の分類で言えば、消費者金融に当たります。

 

資本力もあるので、TVCMや街頭ポスターによる宣伝活動も活発に行われており、

無利息ローンなどのキャッシングサービスも豊富にあります。

 

資本力もあることから、「大手消費者金融」とも呼ばれています。

 

大手消費者金融の審査の特徴

審査の面からいうと大手消費者金融は、他の系列キャッシングよりハードルが高い会社がほとんどです。

 

銀行が直接行うカードローン程は厳しくはないですが、中堅クラスの消費者金融や

信販系(クレジットカード会社)のキャッシング会社よりは難しい傾向です。

 

大手消費者金融の審査では、申込み時の書類に不備がないように、

基本的なところはきちんとチェックされますので、しっかり確かめましょう。

 

電話番号や住所などにミスがあると、審査をされるときに虚偽の申告となりマイナスポイントになります。

 

過去のキャッシング利用履歴は、大手消費者金融のキャッシング審査において重要なポイントです。

 

現時点で他のキャッシング会社を利用している人や、

金融会社から受けた融資を滞納したことがある人は要注意です。

 

他の賃金業社での借入件数も問題になります。

 

複数のキャッシング会社から融資を受けている人は、新規にお金を借りる前に

現在の借金の返済を前倒しにして、借入件数を減らすことがまず必要です。

 

過去の借入履歴は全て個人信用情報機関のデータベースで一元管理されています。

 

全ての個人データはお見通しですので、虚偽の申告をしたり、

賃金業社を変えたかた大丈夫と思っても全て把握されています。

 

キャッシングの申し込みは素直にありのまま正直に行うのが間違いないです。

 

キャッシングの一次審査は平等を記するためにスコアリングに寄る採点を行っています。

 

その時に重要になるのは、個人の属性(個人信用情報)です。

 

そういう意味でも個人の属性は常日頃から高めて置く必要があります。

 

▶急いでお金を借りたい時は即日融資ランキング

 

 

この記事に関連する記事一覧

【目的別】おすすめ金融機関ランキング




目的別おすすめ金融機関
サーチ
テーマ
プロミス(PROMISE)

<即日お金借りたいならプロミス>